大阪市北区・梅田 歯の痛み治療、口臭予防、阪田歯科医院
阪田歯科医院
阪田歯科医院は、昭和31年より前院長が開業。
 
当歯科医院のアクセス方法 当歯科医院の診療時間
医院のこと
診療科目
診療時間 / 休診日
医院内の様子
アクセス方法

院長のこと
医院の歴史
院長プロフィール
院長ブログ

診療のこと
診療について
歯科相談日
治療方法

TOPページへ
ケータイサイトはこちらから


 
治療方法
治療方法のイメージ
 
当院の治療方法につきましては、下記ボタンを選択してください。

 
かみ合わせ治療
かみ合わせ治療は、全ての治療の土台です。
悪いまま放置しておと、身体のバランスが崩れ、全身のバランスまでも崩れる原因になります。
歯並びがよくても実は、かみ合わせが悪い例もあります。

これまでは、かみ合わせによる不具合だとは指摘されずにいました「頭痛」「腰痛」「肩こり」「目のかすみ」「耳鳴り」「手足の冷え」「婦人科系の疾患」 など

以上のような症状を、かみ合わせの治療により、
少しでも軽減させることができます。

当院では、「デンタルマウスピース」の使用も治療のひとつとしてとらえています。
医師の指示に従って適正に使用すれば、かみ合わせの矯正や悪化の予防にもなります。
かみ合わせ治療1
かみ合わせ治療2

歯は非常に敏感な感覚器官
たとえば、食事の中に砂が混ざっていたらすぐにわかるし、髪の毛なども同様です。歯は大体数ミクロン(1ミクロンは1/1000ミリ)の差までわかります。



ずれた状態でもアゴが順応してしまう
かぶせ物を詰めるとき、赤や青の咬合紙で「高く感じますか?」と調整をして、セメントでつけます。

しばらくすると、最初は「何だか変だな?」程度でも、だんだんと慣れてしまい、そのうち感じなくなってきます。

人には慣れという「順応性」が備わっていますので、ずれた状態でもアゴが順応してしまいます。

適正な「かみ合わせ」調整をせずにそのまま放置すれば、全身疾患が発生することがあります。

また近年、軟らかい食べ物が非常に多くなっている現代人の食生活が、より噛むということを減らしていることも原因となり、知らず知らずのうちにかみ合わせが悪くなる傾向にあります。かみ合わせが悪ければ、おもに下記のような症状がおこりやすくなります。



かみ合わせが悪いと?

1.頭蓋骨や周囲の筋肉に悪影響を与え頭痛、肩こりの原因になります。
2.顔のバランスをくずし、フェイスラインがゆがんできます。
3.いびき・歯ぎしりの原因にもなります。
4.昼間の集中力や忍耐力の低下にもつながります。

 

 
Web Designted by netstyle | Copyright © 2008 dc-sakata.com Allright reserved.